優里の学歴が複雑!大学も高校も中退!?タトゥーや生い立ちも調査! - ダンス&ボーカルファン
PR

優里の学歴が複雑!大学も高校も中退!?タトゥーや生い立ちも調査!

ソロ
当ブログにはプロモーションが含まれています

今回は、優里さんの学歴、大学や高校を中退しているという噂についても調べてみました。

優里さんの体に彫られたタトゥーはいったいいくつあるの?

どんな生い立ち?

優里さんの過去を知ることで楽曲をより深く理解できると思いますので、優里ファンは必見です!



 

 

この投稿をInstagramで見る

 

優里(@yuuri__music__official)がシェアした投稿

優里は大学を中退?大学生時代のエピソードとは?介護福祉士の資格を取得!

優里さんは音楽大学に進学しましたが、約1年で中退。

この大学生活は、優里さんのX(ツイッター)で

「音大って念願だったのにちげえわ」

という投稿があったそうで、順調ではなかったようです。

音楽大学の詳細については不明ですが、関東の音大なのである程度絞られるでしょう。

中退後には、同時期に通っていた福祉専門学校で介護福祉士の資格を取得しています。

また、音楽に対する情熱は常に備わっており、バンド活動を通じて自分を表現し続けました。

これが後に路上ライブやメジャーデビューにつながり、優里さんの独自の音楽スタイルを築く基盤となりました。

優里さんの学生時代は挑戦と試練の連続であり、大学を中退した経験がその後の人生に大いに影響を与えていることが伺えますね。

優里さんの姿勢からは、困難を乗り越え、自らのアイデンティティを見つける過程が感じられ、それが優里さんの音楽に深い感動と共感を呼び起こす原動力となっているかもしれません。



優里は高校を中退!高校時代のエピソードをご紹介

優里さんは成城高等学校に進学しましたが、残念ながら高校生活は5ヶ月で中退したそうです。

成城高校は、偏差値66でとても優秀な学校です。

この期間には、X(ツイッター)で

「一個したの学年だったら普通の高校生活送れたと思う」

という投稿があり、人間関係に起因する何かしらの問題があった可能性が伺えます。

高校時代のエピソードには、一般的な学生生活を楽しむことなく中退という苦しい選択を余儀なくされた出来事が含まれているといえるでしょう。

この経験は優里さんの人生において重要な転機となったのではないでしょうか。

その後の遊びやバイト、そして高卒認定取得という期間を経て、音楽大学への進学があります。

高校時代の中退が優里さんにとってどのような影響を与えたかは具体的には分かりませんが、これが後の優里さんの音楽活動において一翼を担うこととなりました。

高校時代の挫折は、優里さんの成長と芸術的な表現に繋がっているといえるでしょう。

優里さんが乗り越えた困難が、優里さんの音楽に深みと共感をもたらしていることが感じられます。

その強さやポジティブなエネルギーが楽曲にも反映されていて、聴く人々に感動と勇気を与えているのかもしれません。



優里の生い立ち!家族構成は?

優里さんの生い立ちについて気になりますが、SNSの投稿では家族との絆が特に強調されています。

優里さん本人がSNSに家族写真を投稿されていますが、そこから父親のイケメンな笑顔、小さい頃の優里さんとおそらく妹さんを抱っこする姿、そして若い頃の母親などが見受けられます。

これらの写真から、幸せな家庭環境と親子の深い結びつきが感じられます。

優里さんは音楽の道を歩む中で、ご両親との「25歳までに成功しなかったら辞める」という厳しい約束もあったといいますが、優里さんはその約束を守り、デビューを果たしました。

家族が優里さんの夢をしっかりと支え、優里さんもその信頼に応える形で成功を収めたのは素晴らしいことですよね。

また、SNSの投稿から妹さんとの仲も良く、家族全体が優里さんの音楽活動を応援していることが伺えます。

感謝の言葉をSNSで綴っていることから、優里さんからの家族に対する深い感謝が感じられますね。

その姿勢が、家族が優里さんの音楽活動にどれだけの力を与えているのか、その成功にどれだけ寄与しているのかが伝わってきます。



優里の経歴!音楽はいつから始めた?

優里さんの音楽のキャリアは、母親の影響で洋楽ロックに親しんだ小学生時代から始まります。

優里さんの音楽ルーツはBon Jovi、Queen、AC/DCなど70~80年代のロックレジェンドで、高校時代では日本のアーティストにも興味を広げました。

かつて組んでいたバンド「THE BUGZY」での活動を通じて、歌手としての道を歩んできました。

2019年には渋谷での路上ライブ中に「MY FIRST STORY」のHiroとの奇跡のコラボがあり、それが後のメジャーデビューにつながりました。

バンド解散後、優里さんはソロアーティストとしてのスタートを切り、路上ライブやSNSを通じて自身の音楽を発信していきました。

そして2019年10月の渋谷ライブでのHiroとの出会いは、優里さんの才能を広く知らしめるきっかけとなります。

その後、TikTokで「かくれんぼ」がバズり、メジャーデビューに至ります。

コロナ禍の中で、ネットの力を駆使したこともあり、若者の心に響く楽曲が瞬く間に広がりました。

29歳でのメジャーデビューに至った優里さんの音楽のキャリアは、一人になっても継続してきた努力と奇跡を味方につける強運の掛け合わせから生まれたものといえるでしょう。



優里の学歴は中卒じゃない!専門学校卒だった!!

優里さんは高校中退後、江戸川区西葛西にある『東京福祉専門学校』に進学し、介護福祉士の資格を取得しています。

一時期には、この専門学校での夜間部での学びと並行して、昼間は音楽大学に通っていたことも明らかになっています。

優里さんは成城高校に通うほどの学力を有していたから、高校卒業認定や音楽大学への進学ができたのかもしれませんね。

それに、優里さんの中退を選択した経緯には賢さと将来への鋭い洞察力が関わっている可能性もあります。

優里さんはその後、音楽活動と並行しながら介護福祉の分野を学び続け、介護福祉士としての資格を取得しました。

これらの学びが、優里さんの多様性と才能を形成し、独自のキャリアを築く礎となっているのでしょう。

これより優里さんの学歴は中卒ではなく、専門学校卒であることがわかります。

異なる分野で培ったスキルが優里さんのアーティストとしての個性を形成しているのかもしれませんね。



優里のタトゥーはいくつある?

優里さんの体には、いくつもタトゥーが彫られています。

背中や足首、右腕にも。

YouTubeでタトゥーを彫っているところも公開されていました。

ひとつずつタトゥーが増えていく印象の優里さん。

自分の中でなにか記念になったら入れてくといいます。

足首にいれたときは、「もう入れない」といっていたようですが、いまでは「あとここにも入れちゃおうかな」というように止まらない様子(笑)

祖母には「腕にしか入れないから安心して」といった際、「背中入ってるじゃん!」とツッコミを受けたのだとか。

タトゥーがあることで、なにかと制限がありそうなものですが、優里さん自身は、不便を感じたことはないといいます。

YouTubeでも、「サウナとかも別に入れるとこあるじゃん」と。

そんな優里さんの多様な経験が、音楽活動においても多面的なアプローチとして発揮されていることが伺えますね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました